お使いのブラウザは、バージョンが古すぎます。

このサイトは、Internet Explore8・Internet Explore9には対応しておりません。
恐れ入りますが、お使いのブラウザをバージョンアップしていただきますよう宜しくお願いいたします。

会社のPR映像を作ってみた

初めまして。日本VTRのチャオと申します。

普段3DCGの制作・勉強等を行っているのですが、

今回初めてのブログ投稿ということで自己紹介を兼ねて

会社のPR映像を制作してみました。

 

今回の作業に必要なモデルはこちら。

test

形容し難いゆるキャラ二人。

ちなみに此度は違う方がデザインしたもの(デザイン by OKOKさん)を

私がモデリングやアニメーションを担当しました。

 

modeling_progress

ちなみに私自身当サイトのコラムにあります「初心者のための!作って学ぶBlenderの基礎」で

パンダを作りながらBlenderを学習した人間ですので、

作業工程に関しては作っているものが違うだけで上記ページとほぼ同じです。

ということで細かい部分は省かせていただきます。

 

 

そしてボーンを設定して…

rigrokesutablue

これでこのキャラクターをご覧の通りぐりぐりと動かす準備が整いました。

(同じような画像になってしまうので載せていませんが、右のピンクも同様に作成。)

 

早速モーションを付けていきます。

 

 

「なんとなく踊ってる感じでOK」という指定を受け、

ダンス知識ゼロから四苦八苦した結果このようなループモーションが出来上がりました。

顔に変化がほしくて瞬きを追加しましたが地味な印象は拭えません。

 

 

 

 

 

ですが、これで終わりではありません。

こちらを素材としてAfterEffect等で編集を加えます。

 

 

劇的な変化。

得も言われぬ出来のアニメーションから鮮やかでキャッチーな映像に。

さらに無音だと寂しいのでBGMを加えると…

※音量注意※


 

 

これにて完成です。

簡素な映像も編集次第でどうにでも化けるという事がよくわかる例ではないかと思います。

先述の通りキャラクターのモデリングとモーションは私がやりましたが、

全体的な映像制作と編集、さらに音楽作成に関してはそれぞれ違う方に担当していただきました。

それぞれの得意分野を活かして完成したという点においては

日本VTRのPR映像としてピッタリな代物になっているのではないでしょうか。

 

 

 

 

今回の記事はここまでです。

技術的な記事ではなく「このようなものを作れます」というPR的な記事となりましたが

お楽しみいただけたでしょうか。

また違う何かを作れた日にはこの場を借りて発表していきたいと思います。

ここまでご覧頂きありがとうございました。

byebye_gif

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。


お気軽にお問い合わせください。

日本VTR実験室では、お仕事のご依頼、ブログ・コラムのご感想などを受け付けております。
アプリ開発・コンテンツ制作でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。
ご連絡お待ちしております。

お問い合わせはこちらから

03-3541-1230

info@nvtrlab.jp

電話受付対応時間:平日AM9:30〜PM6:00