お使いのブラウザは、バージョンが古すぎます。

このサイトは、Internet Explore8・Internet Explore9には対応しておりません。
恐れ入りますが、お使いのブラウザをバージョンアップしていただきますよう宜しくお願いいたします。

BootCampのWindows7をWindows10に無償アップグレードする

もーどー。ブンブン丸です。

今回はWindows7からWindows10への無償アップグレードを行おうと思います。

今でも無償アップグレードは出来る!?

(2018/4/20現在の情報です)
そもそもWindows10無償アップグレード キャンペーンは2016年7月に終了しています。
一部の利用者向けのアップグレードも2017年末で終了しています。

そんなわけでしばらくWindows7を使い続けていましたがWindows7では動かないソフトもちらほら出てきてしまいました。
(SONYのNeural Network Consoleは7で起動するものの正常動作せず。)

逆に社内で使用している業務用ソフトはWindows10非対応だったりするのですが、別PCを利用すればノープロブレム。
と言うことでレッツビギン!

まずは環境などの前提はというと

・Mac mini(2013)にBootCamp環境下でパッケージ版Windows7 Pro (64ビット版)をインストール済み
・過去の無償アップグレードキャンペーン期間にWindows10にはアップグレードしていない
となっています。

Windows10対応機種か確認

問題となるのが使用しているMacがWindows10に対応しているかどうかですが、
それは下記のアップルのサイトで確認ができます。

Boot Camp を使って Mac で Windows 10 を使う

ざっくり言うと下記の機種です。

  • MacBook Pro (2012 以降)
  • MacBook Air (2012 以降)
  • MacBook (2015 以降)
  • iMac Pro (2017)
  • iMac (2012 以降)
  • Mac mini (2012 以降)
  • Mac mini Server (Late 2012)
  • Mac Pro (Late 2013)
  • どうやらMac mini(2013)は大丈夫なようです。と言うことで進める事にしちゃいます。

    Macから事前準備開始

    まずは先ほどのアップルのサイトに記載されている通りにします。

  • MacOSを起動してソフトとファームウェアを最新にしているか確認。
  • Windowsを起動する。
  • Apple Software Update for Windowsを起動してソフトのアップデートを実施。
  • Boot Camp用のWindowsサポートソフトウェア (ドライバ) が最新の状態か確認。
  • ここまで問題なければいよいよアップグレード作業に入ります。

    アップグレード作業開始

    ※ここで使用している画像のいくつかは別のPCでキャプチャした画像が含まれています。キャプチャし忘れていました。ご了承を。

    ・Windows10のダウンロードサイトにアクセスして「ツールを今すぐダウンロード」をクリック。
    capture0

    ・「MediaCreationTool.exe」を保存して実行する。

    ・インストール開始準備中…
    pre1

    ・ライセンス条項を確認し、問題なければ「同意する」をクリック
    pre2

    ・今すぐアップグレードを行うかインストールメディアを作成するか表示されるのでメディアを作成する方を選択します。
    pre3

    ・「言語」「エディション「アーキテクチャ」を選択し、次へをクリック。
    pre4

    ・※HDDに8GB以上の空きがないと怒られて先に進めません。
    ・今回はISOファイルを選択してDVDを作成することに。
    ・ISOファイルを保存します。

    ・ライティングソフトで先ほどダウンロードしたISOファイルをDVDにします。
    今回はDVD-Rが無かったので手元にあったDVD+RWを使用しました(のちにこの選択を激しく後悔することになるとは・・・)。

    ・DVDを開き、「setup.exe」を実行します。

    ・ライセンス条項を確認し、問題なければ「同意する」をクリック
    capture3

    ・確認中。(10%くらいまでは1%増えるのに1~2分ほど掛かっているので辛抱して待つことに)
    capture4

    ・容量の確認中。この画面は意外と早く終わりました。
    capture5

    ・ようやく準備完了。私は覚悟完了。インストールボタンをポチっとな。
    capture6

    ・画面は唐突に全画面表示に。タスク切り替えればブラウズも出来ました。ただエラーが怖いのでブラウズも程々に。ここからが一体いつ終わるのだろうかという時間との戦いに突入。
    +RWではなくUSBメモリを使えば良かったと激しく後悔。
    capture7

    ・ついに再起動直前画面に。でもここから小一時間ほど待つことに!
    でもって、結局、最後までプロダクトキーを入力することもなくWindows10には無事にアップグレードができましたが、トータルで4時間ほどかかりました。
    読み込みの遅い+RWだったので-RやUSBメモリだともっと早く終わると思います。
    capture8

    ・Windows10のシステムを確認するとライセンス認証されている状態でした。
    capture9a

    おしまい。

    コメントをどうぞ

    メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。


    お気軽にお問い合わせください。

    日本VTR実験室では、お仕事のご依頼、ブログ・コラムのご感想などを受け付けております。
    アプリ開発・コンテンツ制作でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。
    ご連絡お待ちしております。

    お問い合わせはこちらから

    03-3541-1230

    info@nvtrlab.jp

    電話受付対応時間:平日AM9:30〜PM6:00