お使いのブラウザは、バージョンが古すぎます。

このサイトは、Internet Explore8・Internet Explore9には対応しておりません。
恐れ入りますが、お使いのブラウザをバージョンアップしていただきますよう宜しくお願いいたします。

Android Private Libraryから必要なクラスがなくなってしまった…その原因は?

こんにちわ。pencoです。
今日は先日Eclipse ADTを22にアップデートした際に困ったことについて書いていきたいと思います。
 

 
事の発端としてはNavigationDrawerを使ったメニューを作成したいなと思い、SDK ManagerでAndroid Support Library(Rev.18)をインストールしてADTを22にアップデートしたことでした。

クラスがなくなった?

ADTを22にアップデートしたことでプロジェクトの中にAndroid Private Libraryというフォルダが出来るようになりました。
これはlibsフォルダに入っているjarファイルを参照しているらしく、jarファイルに含まれるクラスなどが見れるのですが、どうもこの中に必要としてるDrawerLayoutというクラスがない。
libsの中のandroid-support-v4.jarを展開してみたが、やはりない。
どうやらjarファイルが古いようだ。
とりあえず、libsの中のandroid-support-v4.jarを新しいものに入れ替えてみる。
しかし、プロジェクトをクリーンしてビルドし直してもAndroid Private Libraryの中身は変わらない。
困ったなぁと思いながらEclipseを再起動してみる。
やった!今度は反映されました!!
これで過去に作ったプロジェクトは大丈夫そうですね。
 
 
ところがまだ問題がありました。

jarファイルが新しくならない

新規に作成したプロジェクトのjarファイルが古いままだ!!!
android-sdk内のandroid-support-v4.jarは新しくなっているのですが、新規プロジェクトを作る際にそれが反映されてない。なぜだ。。。
 
色々いじくり倒してもなおらず、心当たりはひとつ。
もしかしてEclipseからSDK Manager実行してないからかな…
 
実は過去にSDKを入れ直したことがありまして、その際にSDKの保存先をデフォルトのC:\Program Filesにしたままだったのですが、これだとEclipseからSDK Managerを実行できない弊害がありました。
ファイルへの書き込み権限がないのが原因なので、SDKを移動すればよかったのですが、かなり時間がかかりそうなので、とりあえず直接SDK Manager.exeを管理者権限で実行することで誤魔化していました。
 
これがいけなかった。
android-sdkへのアクセス権限を変更して、EclipseからSDK Managerを実行すると、EclipseからはSupport Libraryがインストールされてないことになっていました。
 
改めてインストールしなおすと、新規プロジェクトのjarファイルも新しいものが反映されるようになりました。
 

 
やっぱり横着しちゃいけませんね。
反省反省。

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。


お気軽にお問い合わせください。

日本VTR実験室では、お仕事のご依頼、ブログ・コラムのご感想などを受け付けております。
アプリ開発・コンテンツ制作でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。
ご連絡お待ちしております。

お問い合わせはこちらから

03-3541-1230

info@nvtrlab.jp

電話受付対応時間:平日AM9:30〜PM6:00