お使いのブラウザは、バージョンが古すぎます。

このサイトは、Internet Explore8・Internet Explore9には対応しておりません。
恐れ入りますが、お使いのブラウザをバージョンアップしていただきますよう宜しくお願いいたします。

【Android】アプリリリース時にデバックログを消す方法についての考察

こんにちわ。pencoです。
最近はTwitterの中の人をやらせて頂いています。
ポツリポツリとつぶやいていますので、宜しければ見てやって下さい。
右のバナーからどうぞ。

リリース時のログ切り替え

さて本題ですが、
Androidアプリを開発していると、Logは必ずといっていいほど使うと思います。
このログをアプリリリース時には表示されないようにしたいなぁと思うわけです。
今は以下のサイト様を参考にさせて頂いて処理しています。
Androidでリリース時にデバッグログをオフにする方法
 
 
しかし、こんなエントリも見つけてしまいました。
android:debuggableでデバッグログ切り替えはやめた方がいい
 
うむむ。
確かに警告は出ますし、デバックモードのままapk書き出して実機テストすることもありますがから、ミスの要因にはなりえますよね。。。
 
もう少し調べてみると、こんなエントリが
デバッグビルドとリリースビルドで処理を変える方法(2)
 
ふむふむ。
では上記エントリを参考にして以下の様に変更してみます。

public class MyApplication extends Application{
    public static boolean isDebugMode;
	
    @Override
    public void onCreate() {
        // デバッグモードか調べる
        //isDebugMode = LogUtil.isDebuggable(getApplicationContext());
        isDebugMode = BuildConfig.DEBUG;
    }
}

この状態でAndroid Tools -> Export Signed Application Package… でapkを書き出し実行してみました。私の開発環境はWindowsなので EclipseのProject -> Build Automatically のチェックを外します。(ちなみにManifestのandroid:debuggable はtrueのままです)
 
 
すると…ログ消えました!
こういう方法もあるのですね。勉強になります。
 
あ、ただし先に述べたように、apkを書き出して実機テストする場合にLogが取得したいような場合にはこの方法は向かないですね。
場合によって使い分けるのがいいのでしょうか。。
 
ではでは。

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。


お気軽にお問い合わせください。

日本VTR実験室では、お仕事のご依頼、ブログ・コラムのご感想などを受け付けております。
アプリ開発・コンテンツ制作でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。
ご連絡お待ちしております。

お問い合わせはこちらから

03-3541-1230

info@nvtrlab.jp

電話受付対応時間:平日AM9:30〜PM6:00