お使いのブラウザは、バージョンが古すぎます。

このサイトは、Internet Explore8・Internet Explore9には対応しておりません。
恐れ入りますが、お使いのブラウザをバージョンアップしていただきますよう宜しくお願いいたします。

iPhoneアプリの多言語対応:Xcodeで多言語対応の方法

iPhoneアプリの公開範囲を特定する国があれば、重要なのが言語対応です。
デフォルトの設定では英語圏の「English」に設定されています。

しかし、日本以外でも公開範囲を指定するとなれば、多言語に対応した文字情報を登録する必要があります。

プロジェクトのLocalization設定を変更

プロジェクトを選択し、「info」タブ⇒「Localizations」設定が「English」に設定されています。

対応言語を追加をするには、下部の「+」ボタンをクリックして日本語圏であれば「Japanese(ja)」を選択します。

img1

インスペクタエリアのLocalizationでも確認できます。チェックされていることを確認して下さい。

img2 img3

コードを多言語設定

コード内容を多言語対応するには

NSLocalizedString(@”キー”,@”コメント”);

<対応前>

 self.title = @”Good morning”;

<対応後>

 self.title = NSLocalization(@”Good morning”,@”おはようございます”);

Localizable.stringsファイルを編集

まずはファイルの作成から

ターミナルを開いてプロジェクトが格納されているフォルダで以下のコマンドを入力します。

genstrings Classes/ *.m

ファイルが作成され、プロジェクトに読み込みます。

Localizable.stringsファイルに言語毎の文字列を定義する必要がありますので追記します。

(日本語の場合)

img4

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。


お気軽にお問い合わせください。

日本VTR実験室では、お仕事のご依頼、ブログ・コラムのご感想などを受け付けております。
アプリ開発・コンテンツ制作でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。
ご連絡お待ちしております。

お問い合わせはこちらから

03-3541-1230

info@nvtrlab.jp

電話受付対応時間:平日AM9:30〜PM6:00