お使いのブラウザは、バージョンが古すぎます。

このサイトは、Internet Explore8・Internet Explore9には対応しておりません。
恐れ入りますが、お使いのブラウザをバージョンアップしていただきますよう宜しくお願いいたします。

EclipseにPhoneGapライブラリを組み込む

どーもー。ブンブン丸です。

今回は久しぶりのAndroid開発ネタです。
この記事のタイトルにもある通り、PhoneGapをEclipseに組み込んで開発環境と整えたいと思います。

PhoneGapの説明はグーグル先生に任せます。

導入の手順

  1. PhoneGapのダウンロード
  2. Eclipseにプロジェクトを読み込む
  3. ビルドする
  4. 新規にプロジェクトを作成
  5. jarファイルを参照

と言った感じです。

早速導入してみる

  • まずはPhoneGapのダウンロードサイトにアクセスしてアーカイブファイルをダウンロードして解凍しておきます。
    今回はPhoneGap2.9.1を落としました。
  • Eclipseを立ち上げたら、既存のプロジェクトのインポートを行います。
    ルートディレクトリは先程解凍したフォルダ内の
    「phonegap-2.9.1/lib/android/framework」フォルダを指定します。
  • 無事に読み込み終わるとパッケージ・エクスプローラーに「Cordova」と言う名前のプロジェクトが追加されます。
  • 読み込んだプロジェクトをビルドしてcordova.jarを作成しておきます。
  • 続いて適当に新規Androidプロジェクトを作成します。
  • 作成したプロジェクトのlibフォルダに先程のcordova.jarをコピーします。
  • 次に「Cordova」プロジェクトのassets内のwwwフォルダを作成したプロジェクトのassetsフォルダにコピーします。
  • 次に「Cordova」プロジェクトのres/xmlフォルダにあるconfig.xmlをコピーします。

これで一先ず、EclipseでPhoneGapを使用して開発する準備ができました。
実際に開発するとなるとJavaライブラリの参照先を変更する必要があります。
続きは次回以降で!
おしまい。

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。


お気軽にお問い合わせください。

日本VTR実験室では、お仕事のご依頼、ブログ・コラムのご感想などを受け付けております。
アプリ開発・コンテンツ制作でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。
ご連絡お待ちしております。

お問い合わせはこちらから

03-3541-1230

info@nvtrlab.jp

電話受付対応時間:平日AM9:30〜PM6:00