お使いのブラウザは、バージョンが古すぎます。

このサイトは、Internet Explore8・Internet Explore9には対応しておりません。
恐れ入りますが、お使いのブラウザをバージョンアップしていただきますよう宜しくお願いいたします。

Android StudioでSubversionを使ってファイルをチェックアウトする

どーもー。ブンブン丸です。
今回はAndroid Studioネタです。

Android StudioでSubversionを使ってGoogleCodeに公開されているファイルをインポートしてみたいと思います。

まずはSubversionをどうやって使うか

使い方は・・・既に組み込まれているのでメニューから選択するだけでokです。:)

早速使ってみる

・何はともあれまずはAndroid Studioを起動してプロジェクトを作成します。
svn_checkout01

・メニューの[VCS]-[Checkout from Version Control]から[Subversion]を選択します。
svn_checkout02

・Checkout from Subversionダイアログのリポジトリー・ロケーションの追加ボタンをクリックします。
svn_checkout03

・リポジトリー・ロケーションURLには「http://android-protips-location.googlecode.com/svn/trunk」
と入力し、OKボタンをクリックします。
svn_checkout04

・追加されたURLを選択し、チェックアウトボタンをクリックします。
svn_checkout05

・チェックアウト先のプロジェクトを指定してOKボタンをクリックします。
svn_checkout06

・チェックアウトオプションダイアログが表示されるので深さを決めてOKをクリックします。
svn_checkout07

・エラーが出ましたorz
svn_checkout08

・仕方ないので設定を見直します。[ファイル]-[設定]を選択して設定ウインドウを開き、「バージョン管理」項目にある「Subversion」を選択。右側の「General」タブを表示させて「Use Command line client」のチェックを外してOKボタンをクリックします。
svn_checkout09

・先程と同じようにしてチェックアウトオプション画面を開き、OKをクリックします。
svn_checkout10

・「Subversion Working Copy Format」ダイアログが表示されるのでフォーマットを指定してOKをクリックします。
svn_checkout11

・無事にインポート出来ました
svn_checkout12

今回はここまで。

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。


お気軽にお問い合わせください。

日本VTR実験室では、お仕事のご依頼、ブログ・コラムのご感想などを受け付けております。
アプリ開発・コンテンツ制作でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。
ご連絡お待ちしております。

お問い合わせはこちらから

03-3541-1230

info@nvtrlab.jp

電話受付対応時間:平日AM9:30〜PM6:00