お使いのブラウザは、バージョンが古すぎます。

このサイトは、Internet Explore8・Internet Explore9には対応しておりません。
恐れ入りますが、お使いのブラウザをバージョンアップしていただきますよう宜しくお願いいたします。

AIR for iOSで数字キーボードを出す

どーもー。ブンブン丸です。

今回はAIRネタです。
AIRの開発ではFlashCS6、もしくはCCを使用しています。

AIR for iOSを使ってアプリを作った時に、普通にテキスト入力型のフィールドを設ければソフトウェアキーボードが表示されて文字入力ができます。
が、デフォルトで表示されるのがQWERTYキーボードだったりします。
数字のみ入力させたいとなるとデフォルトで数字キーが表示された方が便利なのですが、どうも普通にはできないようです。
と言う事で代替手段を使って実装する事にします。

StageText クラスを使用してみる

今回はStageText クラスを使用します。
StageText クラスについてはAdobeのリファレンスガイドを見てください。
StageText – AS3

このあたりも参考になります。
StyleableStageText – AS3 Flex

実際に追加してみる

StageTextを追加するには以下のような感じです。

var stageText:StageText;

stageTextInitOptions = new StageTextInitOptions(false);

stageText = new StageText(stageTextInitOptions);

//オブジェクトを表示
stageText.stage = this.stage;

// stage内での表示位置と表示領域の大きさを指定
stageText.viewPort = new Rectangle(570,450,190,74); // (x,y,w,h)

//キーボードタイプを指定
stageText.softKeyboardType = SoftKeyboardType.NUMBER;

//RETURNキーのカスタマイズ
stageText.returnKeyLabel =ReturnKeyLabel.DONE;

//表示位置の指定
stageText.textAlign = "center";

//数字のみ入力可能に
stageText.restrict = "0-9";

//最大桁数の指定
stageText.maxChars=4;

//フォントの指定
stageText.fontFamily="メイリオ";

//フォントのサイズ指定
stageText.fontSize=48;

実際にパブリッシュしてみると枠線が表示されないので入力フィールドがどこにあるか分かりません!
(いや、自分で作ったから何となくはわかりますが)
仕方ないので別レイヤーで枠線を作りました。

仕上がりはこんな感じです。
stageText
おしまい。

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。


お気軽にお問い合わせください。

日本VTR実験室では、お仕事のご依頼、ブログ・コラムのご感想などを受け付けております。
アプリ開発・コンテンツ制作でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。
ご連絡お待ちしております。

お問い合わせはこちらから

03-3541-1230

info@nvtrlab.jp

電話受付対応時間:平日AM9:30〜PM6:00