お使いのブラウザは、バージョンが古すぎます。

このサイトは、Internet Explore8・Internet Explore9には対応しておりません。
恐れ入りますが、お使いのブラウザをバージョンアップしていただきますよう宜しくお願いいたします。

Chromecastの購入から設定まで

こんにちは、andyです。


今回から数回で開発用に購入頂いたChromecastについて、一般的な使用方法から開発方法までを書いていきたいと思います。


まず、この手のデバイスはAppleTVから始まり、最近では結構いろいろな物が出てきていますが、Chromocastを選んだ理由は、

  1. 価格が安い
  2. SDKが公開されている
  3. 情報が豊富
  4. 持ち歩いて簡単に使える
  5. マルチプラットフォームである



です。AppleTVも興味はあるので機会があれば使ってみたいのですが、今回は最終的にiPhoneだけでなくAndroidでも簡単に利用出来る様にしたいので、こちらを選びました。


Chromecastですが、2013年7月に発表されてから、何時日本で正式に発売されるのか待っていたのですが、未だに発売されていません(2014年3月現在)。購入出来るのは並行輸入品です。それでも、この金額ですから安いですね。


商品はこんな感じに梱包されて届きます。
17
中を開けるとこんな感じ。
18
ふたの部分に使い方が書いてあって、3ステップで済んでしまいます。

  1. TVのHDMI端子に本体をつなぎ、本体と電源(又はTVのUSB端子)をUSBケーブルでつなぐ
  2. TVの電源を入れ、取り付けたHDMIの入力に合わせる
  3. 設定用のスマートフォンアプリをダウンロードして、設定を行う



と書いてあります。後はTV画面や、設定アプリに表示される内容を見ながら設定を進めていく事になります。


ここで、私がはまったポイントですが、このデバイスは、wifiネットワーク機器のため、通常スマートフォンとChromecastが共有出来るwifiネットワークが必要になります。ここまでは良いのですが、Chromecastは現時点で固定IPの設定ができず、DHCPでの運用となります。


それでは、この後のセットアップ方法を書きます。今回はiPhoneから設定を行います。
TVに表示される画面は、こんな感じ。
13

  1. まず、先ほどダウンロードしたChromecastという設定用のアプリを起動します。
  2. 1
    ネットワークの設定を何も考えずに立ち上げてみました。
    2

  3. 新規に設定を行うので、「Setup a New Chromecast」ボタンを押します。
  4. こんな画面が表示されます。
  5. 3
    Choromecastが見つけられなかったため、次の設定をしてくださいという画面です。

  6. 設定アプリのwifi設定を表示し、「ネットワークを選択」の部分でChromecastを選んでください。
  7. 4
  8. Chromecastへの接続が出来たら、又このアプリを起動してください。
  9. Chromecastへの接続が正常に行われていると、このような画面になります。
  10. 5
  11. 「Next」ボタンを押します。
  12. こんな画面が表示されます。コードが表示されています。
  13. 6
    ちなみにTV画面ではこんな感じ。
    14

  14. 「Next」ボタンを押します。
  15. こんな画面が表示されます。このデバイス固有の名前を付ける事が出来ます。
  16. 7
  17. 「Next」ボタンを押します。
  18. こんな画面が表示されます。使用するwifiネットワークを選択する為に、「Choose a Wi-Fi network」ボタンを押します。
  19. 19
  20. こんな画面が表示されます。使用するwifiネットワークを選択します。
  21. 8
  22. WEPキー等が設定されている場合、パスワードの入力が求められます。
  23. 9
  24. パスワードを入力し、「Setup」ボタンを押します。
  25. wifiの設定が終了すると、こんな画面が表示されます。
  26. 10
    ちなみにTV画面ではこんな感じ。
    15

  27. 「Get Apps」ボタンを押します。
  28. ブラウザが起動して、こんなページが表示されます。現時点でChromecastに対応しているアプリのリストです。お好きな物をダウンロードして使ってみてください。
  29. 11
    ちなみに設定が終了すると、iPhoneのwifi設定は先ほどChoromecastで設定したネットワークに変更されます。


    ここで、YouTubeを起動すると、Chromecastが認識されている端末では、画面にキャスト先を選択するボタンが表示され、選択するとChromecastを通じてTVに映像が表示されます。
    16



と、こんな感じで設定します。Chromecastは、スマートフォンから動画のURLをもらって、そのURLにアクセスを行い、TVに表示するという動作をします。AppleTVの場合は、iPhone等から直接ストリーミングを行うことが出来ますが、Chromecastには今のところその機能はありません。


今回はここまでです。次回は、Chromecast用のアプリ開発を行う際の本体の登録と、サンプルコードの動作確認くらいまで書こうと考えています。


Chromecastを使うと、スマートフォンで撮った動画をサーバにアップしておくことで、自宅以外でTVに映すなんて事は簡単に出来ます。スマートフォンのテザリング機能を使ってwifiルータ無しで使えるかどうかまだテストしていないのですが、他の人のブログを見ていると、どうやら出来そうな感じなので、近いうちに試してみようと思います。


それでは、また。

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。


お気軽にお問い合わせください。

日本VTR実験室では、お仕事のご依頼、ブログ・コラムのご感想などを受け付けております。
アプリ開発・コンテンツ制作でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。
ご連絡お待ちしております。

お問い合わせはこちらから

03-3541-1230

info@nvtrlab.jp

電話受付対応時間:平日AM9:30〜PM6:00